ほくろがあっても脱毛が出来るのか

ほくろがあっても脱毛が出来るのか

ほくろ,脱毛

 

ほくろのある場合の扱いは、脱毛方法で異なっています。電気脱毛の場合はほくろがあっても脱毛は出来て、毛穴1本1本に電気を流していくので問題なく脱毛が出来ます。ただし身体に大きなほくろがあって、そこから毛が生えている場合だけは脱毛が出来ないです。

 

光脱毛はほくろの部分には、脱毛が出来ないです。細かいほくろは脱毛出来ますが、少し大きなほくろはシールを貼って光が照射されないようにします。光脱毛ではほくろは脱毛される事なく、そのまま残ります。レーザー脱毛では大きなほくろでなければ、脱毛をしていきます。

 

小さいほくろなら照射する事で消えてなくなるので、ムダ毛と一緒にほくろを消す事が出来ます。大きいほくろがある場合は、脱毛クリニックで行うのがお勧めです。美容外科ならほくろの除去も行っている所もあるので、大きいほくろがあると除去も勧められます。

 

脱毛と一緒にほくろ除去が出来るクリニックであれば、スムーズにほくろを除去する事が出来るので安心です。脱毛とセットになっている所もあり、お得になる場合もあります。サロンではほくろの除去は出来ないので、脱毛と一緒にほくろを取り除きたい人はクリニックの方が便利です。

 

ムダ毛とほくろを一緒になくす事で、ツルツルの綺麗な肌になれます。

ほくろは医療脱毛する時どうするの?

ほくろ,脱毛

 

全身や顔など医療脱毛をする人が増えていますが、医療脱毛といえば、黒色の色素を吸収するレーザーを用いて脱毛をするので、そのことを考えると、ほくろがどうなるのか気になりますよね。

 

ほくろはシミよりもたくさんのメラニン色素を含んでいるので当然レーザーに反応します。よって、医療脱毛をする時には、ほくろの大きさや色によって対処方法を変えます。

 

小さいほくろであった場合、医療脱毛ではそのまま他の肌と同様にレーザーを当てます。ほくろはレーザーによって色が薄くなったり、場合によっては消えて無くなるので、脱毛でほくろ除去もできてしまうとあって一石二鳥です。

 

では、大きめのほくろの場合、どうするのかといえば、そのままレーザーを当ててしまうと、火傷や炎症になる危険があるため、ほくろの部分に白いシールを貼るなどしてレーザーが当たるのを防ぎます。

 

また、大きめのほくろに毛が生えているという人もいると思いますが、その場合、脱毛が出来ないかといえば、ほくろ除去を先にすれば脱毛が可能です。ほくろ除去はほくろの状態を確認した後、良質なものであればレーザー治療などで、悪質なものの場合は手術によって取り除きます。

 

ほくろ除去は脱毛とセットで割引になる場合があったり、ほくろから出ている毛に関しては、除去することで生えてこなくなる場合もあります。

 

この様に、ほくろと脱毛というのは密接な関係にあり、ほくろの多い人は安心して脱毛できる様に確かな技術と経験のあるクリニックでの医療脱毛をお勧めします。

ブランクリニック無料カウンセリングのご予約はこちら!トップページへムダ毛処理に煩わしさを感じている方や医療レーザー脱毛に興味がある方は、トップページでブランクリニックの詳細をチェックしてみてください。